スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマいじり・その4 アンテナ取替え

Rアンテナ9,7 (23)

今度はアンテナゴム部分と土台のパッキンが劣化して見栄えが悪くなってきたアンテナの取替え。
応急処置でゴムのひび割れ部分には硬化シリコンを埋め込んであるが、アンテナの取り付け部分から雨水が漏れてくるのではとの心配が常に付きまとい、メーカーに取替えを見積もったら、屋根の内張りから外しての結構大変な作業になるとのことで、3万円~ぐらいと言われた・・。

しかしまぁ、12年もたつとこんなに劣化してくるものなのかと思いながら自分で交換を試みた。
当初はベンツ型の今流行のドルフィンアンテナの交換も考えたが、これは7~9千円と結構お高いし・・・。













まず、アンテナ本体を替えることにした。
アンテナ自体はネットで探せば、チタン合金製のミニアンテナがすぐにヒット。早速自分のクルマに合うアンテナを探して1200円で購入。
アンテナは土台にネジで止めているだけなので、簡単に交換できた。
しかし、土台部分の劣化がやはり気になるので、土台部分をうまく隠せるようなアイテムがないか探したが、これがなかなか見つからない・・・。
Rアイポッド (44)

何日かかかってあちこち探し、やっと見つけたのがコレ。
ヨコから見るとドルフィン型によく似たデザインで、しかもアンテナが上に抜けるように上部が取り外せるようになっている。
カラーは黒、シルバー、無色の3種で、説明では「自分でクルマに合う色に塗装してください」と。
屋根への取り付けは、付属の協力両面テープで貼り付ける簡単なもの。1800円だった。
Rアイポッド (48)

早速向きを合わせて、取り付けてみた。
なんか取って付けたようなぎこちなさを感じるが、慣れてくればこれもいいかも。
しかしこのままではアンテナが出ている隙間から雨水が入り込むので、付属の専用フタの加工が必要だ。
Rアイポッド (57)

フタのアンテナが出る部分にドリルで穴をあけアンテナを通し、アンテナとフタのすき間を市販のゴム板を防水パッキン代わりに加工し、テープで補強して、完成。
耐久性は未知数ですが、これで当分はなんとかサマになったかな・・・(笑)。
Rアンテナ完成 (2)

さて、次のクルマいじりは何にしようか・・・・(笑)。






スポンサーサイト

コメント

金かけとるなぁ〜
次の車いじりは、車交換やろ〜〜!(笑)

MAHさん へ

次の車いじりは・・・・・・・・・・
くっそーー!

あと20年乗るワイ・・(泣)

見た目がかっこよくなりましたね。
劣化してる部分が目に入ると、車ごと捨てたくなりますからね(笑)

やまのもとさん へ

見た目はほんと良くなりました~^^。
受信感度も劣化はしておりません。しかし、天候対策の耐久性が未知数ですので、この先どうんなもんかねえ・・(笑)。

軽にしなはれ!
タントなんてどう?
最高の装備でとても軽とは思えないですよ。
少しお高いけど(笑)

CMHさん へ

事業所ではタントがたんとあります(笑)。
しかし軽は普通車よりも高価です~;;。
非公開コメント

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。