スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【びわ湖観光特派員ブログ(71)】和田神社の大イチョウ

R和田神社イチョウ11.29 (61)

旧東海道に面して鎮座する和田神社(大津市木ノ下町)境内のイチョウの巨木が黄色く色づきはじめ、見ごろを迎えています。
樹高24m、幹周り4.4m、樹齢600~650年といわれる巨大イチョウ。関ヶ原合戦に敗れた石田光成を京へ護送の途中、休憩としてこの神社に立ち寄った際、光成はこのイチョウの木につながれたといいます。
歴史小説のなかでは、イチョウにつながれた光成に水を差し出すと、「生水はからだに悪いので、白湯にしてくれ」と注文をつけた・・とのこと。
また、その巨大さゆえに、湖上を行く船が大津に帰るときの目印になったとも云われています。
この巨大イチョウ、葉が黄色く色づくのが他のイチョウに比べて約2週間ぐらい遅れて始まるようです。

ここ和田神社本殿は鎌倉時代の建築で重要文化財に指定されております。

◎滋賀県観光情報・和田神社はこちらです。
◎滋賀観光ブログ集・BVB特派員レポートはこちらです。


続きを読む

スポンサーサイト

【びわ湖観光特派員ブログ(70)】石山寺・紅葉

R石山寺11.22

紅葉が見ごろの石山寺です。
近くに住んでおりますのでなにかと石山寺にはご縁があり、季節を問わず入山させていただいておりますが、やはり春の桜と秋の紅葉がいいですね。

しかし、私が本当にいちばん良いと思っているのは雪の石山寺なのです。でも最近は雪が少なく、なかなか撮るチャンスはありませんが...。

11月22日、快晴の石山寺紅葉狩りでした。

◎滋賀観光ブログ集・BVB特派員レポートはこちらです。



続きを読む

瀬田唐橋のイチョウ

Rイチョウ11.13 (62)

昔から、「唐橋を制すものは天下を制す」といわれ、幾度となく戦火の舞台となった瀬田の唐橋です。
橋のたもとにあるイチョウの巨木が黄色く色づき、見ごろを迎えております。

ちなみに花言葉は、「鎮魂」 「長寿」「しとやか」・・だそうです。

他の地域に育つイチョウの大木も観察しました。

続きを読む

色づいたケヤキ

R秋色11,08 (9)

「色ずくケヤキ」の記事アップから1週間後、同じ文化公園で再度ケヤキの紅葉を撮りました。
前回(10月31日)では、同じケヤキでも黄色く染まっているものと、まだ染まっていないもの、すでに葉を落とし始めているものもありましたが、1週間後の今回はほとんどの木々が黄色・赤茶色などに染まり、ほとんど葉を落としてしまっている木もありました。葉の色が違うのは、固体の違いらしいです。
そういえば、私が育てているケヤキの小盆栽、葉が黄色くなってきたものと、すっかりと葉を落としたものがあります。

ケヤキにも花言葉があるとは、知りませんでした。
ケヤキの花言葉は、幸運、長寿 だそうです。


続きを読む

【びわ湖観光特派員ブログ(69)】大津百町全踏破にトライ!(最終号)

やっと大津100町を踏破しました。
2月14日から9回に分けて11月2日、100町達成しました。
これまで撮りためた画像は約830枚です。

今回歩いたのは以前に撮り損ねた町も含めて19町。前回まで82町だったので、今回で101町になりました。
その他、大津百町ではありませんが、袋町、士官町がありました。

大津百町地図に、その都度黄色ペンでマーキングしていきました。
右上のマーキングされていない浜大津1丁目から4丁目、長等3丁目界隈が今回の探訪地区で、江戸時代の大津城区域だったようです。
R大津百町11.2 (73)


今回歩いた町は、下馬場町、西今颪町(ニシイマオロシ)、東今颪町、川口町、中保町、西山町、升屋町、鍵屋町、上馬場町、石橋町、蔵橋町、今堀町、水揚町、井筒町、塩屋町、猟師町、笹屋町、新町、北保町の19町。

※なお、この記事作成にあたっては、大津百町おもしろ発見地図(大津のまち家を考える会・製作発行)、大津百町まち遺産絵図マップ(大津市中心市街地活性化協議会・製作発行)を参考にしています。

◎大津百町館HPはこちらです。
◎滋賀観光ブログ集・BVB特派員レポートはこちらです。



続きを読む

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。