スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハツユキソウ

仕事の途中、クルマを走らせている道中で発見。
しかし名前がわからず、ハツユキソウという名前であることがわかったのは2~3日あとでした。
ポインセチアと同じ仲間のようで、葉の白とグリーンのコントラストは夏には涼しげで、花壇などで楽しむほか切り花にも向くようです。

花言葉は、「好奇心・穏やかな生活・祝福」だそうです。

初雪花
スポンサーサイト

夕照コンサート

夕照コンサート。
龍谷大学瀬田キャンパスで毎年開催されている、近隣小・中・高校生の吹奏楽部の演奏会です。1993年に第1回を開催してから、今回で21回目の開催です。
キャンパス内のSETA DOME特設会場では満員の観客のなか、かわいい小学生吹奏楽部の演奏から始まり、中学生ともなれば高校生にも引けを取らないほどの高度な演奏を披露し、その都度おおきな拍手声援が送られていました。

ところで、最近の吹奏楽部はどこの学校も女生徒の活躍が目立ちます。男子部員はほんの一握りの人数しかおりません。これも時代の流れなのでしょうが、その昔、質実剛健・男子オンリーの吹奏楽部員だった私としては、男子ももっと吹奏楽部に入って活躍してほしいと思いました。

ドーム内の特設ステージで力強い演奏を披露する生徒たち。
resize3588.jpg

出番を待つ間に、他校の演奏を聞く児童たち。
resize3585.jpg

秋はそこまでやって来ている・・

日本全国38~40℃近い連日の猛暑、なんでも気象観測以来の記録だそうな。
このままニッポンもとうとう熱帯地域になって四季はなくなるのかも・・と、思いたくなりそうですが・・。
しかし、秋は確かにやって来るようで、安心しました。

ウオーキング途中で秋の気配を撮りました。

R残暑8.19 (14)

R残暑8.19 (1)

ウリの花

立秋が過ぎてからが本格的な猛暑の夏となったような今日この頃。
日常のあいさつ言葉、「アッついなぁ~・・。」これしか出てこないわ・・。
R立秋 (8)

【びわ湖観光特派員ブログ(65)】琵琶湖博物館

Rはす・7.27 (29)

琵琶湖博物館は、訪れる人たちと博物館が双方向に交流できる「体感型」博物館です。湖と人間のよりよい共存関係をめざすための入り口となり、びわ湖の足あとをたどれます。
 各コーナーでは「湖と人間」をテーマに、琵琶湖の誕生から現在までの生い立ちや人や生き物とのかかわりについて、楽しみながら学ぶことができます。=滋賀観光ガイドブックより。

広大な館内はテーマごとに別れており、見応えはもちろんのこと、たいへん勉強になりました。

「象のいる森」では、約250-180万年前に発達した森林と動植物たちがテーマです。湖が一様に移り変わったのではないことを物語るその原風景を、原寸大のオープンジオラマで再現します。
琵琶湖周辺の河川でこんな巨大な恐竜化石が発見されたとは、驚きです。

実は3年前の6月にもここを訪れて勉強させていただきましたが、しかし、何回訪れても、いいものはいいですね。
そしてなんと今年も夏の節電クールライフキャンペーン期間中は常設展示のみ入館料が無料なのです!。

◎琵琶湖博物館はこちらです。
◎滋賀観光ブログ集・BVB特派員レポートはこちらです。


続きを読む

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。