コスモスが盛りです

R彼岸花 (11)
このところ朝夕はさすがに気温が下がって、夜はタオルケット一枚だけでは寒くて寝られない季節になってきましたが、日中は相変わらず30℃前後の暑い日ざしがまだまだ続いております。
朝の定例ウオーキングでは、畑のあちこちで赤、ピンクなどのかわいいコスモスたちが風に揺られて咲き誇っているのを見ます。

コスモスの花言葉は、「乙女の真心」「調和」「美麗」「純潔」「優美」ということらしいです。また、コスモスは漢字で書くと「秋桜」、だれが考えたのか日本語ってほんとにうまく出来ていると思いますね。

そういえば、さだまさしが小春日和の縁側で、嫁ぐ前のひと時を母と過ごす娘の気持ちを叙情たっぷりに作詞・作曲し、山口百恵が唄って大ヒットした「秋桜」。私も好きな歌でよくカラオケで歌ったことがありますが、むつかしい歌でした(笑)。
スポンサーサイト

iOS6にバージョンアップしました・ iPod touch

先日の夕刻、突然にアップル社から、私のiPod touchにiOS6のバージョンアップを促す電波を受信。
iOS6については、新型iPoneやiPod touchなどが一斉に発売されたことに併せてのことのようですが、これまでのiOS5よりも200種以上のソフトに改良があり、特に地図ソフトは全く新しく開発したアップル独自のものらしいですね。
いろいろと批判の多い地図ソフトのようですが、折角なのでダウンロードをしてみた。

Rios 6

画面の指示どおりに進むと、バージョンアップのダウンロードが開始しました。

これから先、順番は違っているかも知れませんが・・・。

続きを読む

京阪石坂線・100周年記念塗装車が走る!

先日の大津ジャズフェスティバルのラッピング電車製作で錦織車庫に入ったとき、テッチャンとして大変うれしい発見がありました。
なんと、京阪本線特急色に特別塗装された600形車両が車庫で出番を待っているではないか!!。
ラッピングではなく、本塗装ですよ。。
Rラッピング (101)

係りの方に聞きました。
京阪大津線開業100年記念のイベント列車として、603・604号の2両1編成を9月26日から石坂線で走らすとか。しかも、10月27日(土)には臨時列車として浜大津ー四ノ宮間を運転し、撮影会もあるようです。
これを見逃す手はありませんねぇ~。

詳しくは京阪大津線HPでご確認ください。

電車にラッピング・大津ジャズフェスティバル

来月(10月13・14日)に開催される大津ジャズフェスティバルのPRのため、京阪電車の錦織車庫においてラッピング作業に参加しました。
京阪電車・石坂線のラッピング電車は有名で、ラッピングされずに走る電車の姿を見ることのほうが少ないくらい、ラッピングが大流行です。

もともと大津ジャズフェスティバルにはボランティアスタッフとして参加しているのですが、電車のラッピング作業は今回初めての参加で、大変たのしいものでした。

完成した大津ジャズフェスティバルのラッピング電車(錦織車庫)。
Rラッピング (122)

この電車は、9月18日から大津ジャズフェスティバルの当日まで、1日13~14往復の運転を予定されています。

続きを読む

秋の七草・クズの花

秋の七草の一つ、クズの花です。多年草の草の仲間で、地下茎に吉野くずの原料としても利用されるデンプンを多く含んでいるようですね。この季節になると野山の何処でも太いつるを延ばしている草のほとんどがクズです。どこでも見られますが、やっかいな草として切ってしまうので、花が咲いていても案外と気が付かないかも。

秋の七草とは・・・
おみなえし おばな(すすき) ききょう なでしこ ふじばかま くず はぎ

秋の七草の根拠ですが・・・
山上憶良が詠んだ歌がその由来とされているようです。
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」(万葉集・巻八 1537)
よくワカリマセンが・・。

Rお散歩 (53)

ちなみに春の七草も有名ですが、夏の七草もあるようですね。わたしはシリマセンが・・。

【びわこ観光特派員ブログ(47)】曽束の渡し船

「むかし曽束の渡しがあったんだよ・・」という長老の話を聞き興味しんしん、さっそく調査に出かけました。

曽束と二尾を隔てる瀬田川は、昭和39年(1964)に下流の天ケ瀬ダム建設の関連工事で曽束大橋が架けられるまで橋がなく、渡船に頼っていた。川幅約43メートル、急流のために両岸に二筋の大縄を引き渡し、手でたぐって渡河する「繰り船」で古くは渡っていた。(中略)渡し場は曽束大橋の少し下流にあった。(『瀬田川流域水没地区総合調査機報』より)

現在の曽束大橋を、少し上流からみました。
文献ではこの橋の下流あたりに「渡し」があったとされていますが、見た限りではその面影はわかりませんでした。
R曾束の渡し (11)


◎曽束の渡船はこちらです。
◎滋賀観光ブログ・BVB特派員レポートはこちらです。

続きを読む

トロンボーン

Rトロンボーン (1)

先日、前職場(KH社)の気のあった仲間同士の年1回の飲み会の出来事。
盛り上がって二次会へ流れ、ひょんなことから話が弾んでトロンボーンを頂くことに。しかも日本製メーカーでほとんど使用感なしの傷んでいない超上物で無傷のハードケース付き。今買えばおそらく15~20万円以上はするでしょう。

若い頃に吹奏楽に参加して吹いていたが、あれから40年以上経ったいまでも、のどから手が出るほど欲かったもの。
やっぱり友人付き合いは大切にしないといけない事を痛感。
Nさん、ありがとうございました。(感激うれし涙)。
早速公園で40数年ぶりの練習だ!。
・・・音が出せるかちょっと心配だけど・・・・。

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ