スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まつぽっくり

R洗い堰 (63)

近くの公園にたくさん落ちていました。
強い風が吹いた後などによく落ちますが、最近の子供たちはあまり興味がないようですね。
水につけるとしぼみ乾かすとひろがるので、いくつも持って帰って遊んだものですが・・。
スポンサーサイト

【びわこ観光特派員ブログ(43)】瀬田川洗堰

雨台風の影響で琵琶湖の水位が急激に上がるのを防ぐため、全開放流中の瀬田川洗堰です。
洗堰左岸、琵琶湖河川事務所から。向こう側の山並みは、岩間山系です。
R洗い堰 (50)

6月の入梅間もなく台風が4・5号と連続でで日本列島を襲ったのは、最近の気象状況では例にないとか。その影響で降雨量も半端でなかったようで、滋賀でも大雨洪水警報が何度か出ました。
大津市南部にある瀬田川洗堰では、台風が去った後でもゲートを全開にして水位調節を行っています。

琵琶湖に流入する川は大小約200本ありますが、琵琶湖から流れ出る川は、瀬田川の1本だけ。
そのため、滋賀県全域に10㍉の雨が降ると、その翌日から翌々日にかけて琵琶湖の水位はおよそ3倍、30㍉上がります。

その昔、瀬田川は川底は浅く川幅も狭かったため排水が悪く、大雨が降るたびに琵琶湖があふれて洪水の被害が出ました。これまでの洪水の最高は明治29年に記録したプラス4m。
この洪水の被害を防ぐために、明治時代になって琵琶湖の水位を調整するため瀬田川洗堰が作られましたが、当初は人力で作業を行う堰だったため全閉開の作業に丸2日を要したとか。そこで、昭和38年に瀬田川の改良工事とともに電動開扉ができる今の洗堰が完成しました。いまは全開全閉は約30分で出来るようです。

今回はこの瀬田川洗堰のメカを中心にレポートです。
≪撮影:6月24日午後3時半ごろ≫

◎琵琶湖河川事務所・瀬田川洗堰はこちらです。
◎びわ湖観光ブログ集・BVB特派員報告はこちらです。


続きを読む

肩こりに効くそうな・・

Rさくらんぼ (17)

カミさんの慢性の肩こり治療対策です。
カミさんがどこで知りえた情報か、こんな商品があるので買ってほしいと頼まれ、通販で買いました。

製品は、袋状になったエリマキといったところでしょうか、電子レンジで暖めて首に巻くようにして両肩に乗せて肩を温めると、肩こりが改善する・・と、いう製品らしいです。
私は肩こりなど知らないので肩こりのつらさはわかりませんが、これで治れば安いものです。さて・・。。。

京都府立植物園の花菖蒲

R府立植物園 (3)

小雨のなか、京都府立植物園の菖蒲園に行きました。
雨が降っているので、さぞかし入園者は少ないだろうと思いきや、いましたいました、傘を差したおばさんグループたち。花を愛でるよりおしゃべりの方が大事なのか、ペチャクチャペチャクチャとよくしゃべること・・・(笑)。
駐車場は一律800円と高めですが、入園料は大人200円。60才以上は免許証などの証明書を提示すれば、園内の熱帯温室も含めて無料で入園できます。ちなみにワタシは無料です^^。

広大な敷地の中にはいくつものゾーンに分かれており、休憩所や軽食喫茶店などもありますが、コンビ二で弁当を買って芝生園で食べるのも、いいかもです。
ウチからクルマで1時間程度の距離なので、草花や木々の写真を撮りたいけど何処へ行ったらいいか悩む時は、ここですね。



続きを読む

いい気分のあと、さらに・・

Rあじさい (27)

リッター100円オイル交換後、カンビールを買うために近くのコンビにFに立ち寄りました。
いつもの品を手に取るや、2本パックで景品が付いていました。よく見ると“サムライ ブルー”のイニシャルが入ったネックストラップでした。へェー、これいいなぁ・・と思い、2セット4本を購入することに。
そして、レジで支払いを済ませるとレジのお姉さんが「当たりましたよーー^^!」の声。「ん?、なにが当たったん?」、「ビールです^^」、「え~~っ」。
レシートに当たりくじのようなものが印字されて出てくるのは最近はよくありますが、カンビールを買ってカンビールが当たったのは今回が初めて。

100円オイルからおまけのネックストラップ、カンビールの当たりまで、るんるんの日でした(笑)。

ネックストラップはキリンとファミリーマートがサッカーを協賛している関係で、キリンビール(のどごし生)2本に1本付いてファミリーマートで販売しています。いつまでのセールかはワカリマセンが・・・。

さぁ、今日からサッカーニッポンを応援するゾ!。

オイル交換リッター100円、いい気分!

R植物園P

先日、近所のデイラーからこんなチラシが入りました。
クルマのオイル交換、1㍑あたりワンコイン・100円です!。。。

愛車は1500cc、使用オイル量は3.5~4㍑なので、350円~400円。
前回のオイル交換は1年前の車検時で、その後の走行距離は約4000Km。そろそろ交換時期なので渡りに船、だまされたつもりでデイラーへ行きました。

デイラーでは、志村けんに良く似たサービスマンがニコニコと応対してくれました。
格安オイル交換はデイラーにとっては赤字覚悟でしょうが、お客を呼んで車検予約などの顧客データの収集が主目的であることは百も承知。そして交換用のオイルはそこそこのメーカーオイルだったので特に不安はなし。
ついでにエレメントも交換し(別途料金)、その他オイル漏れ等の一般点検(無料)もしてもらい、30分余りで交換点検作業は終了。
その間、デイラーの目的であるアンケートに記入しながら美人女性事務員としばし雑談^^。オイル交換料400円とその他の支払いを済ませ、志村けんと美人事務員に見送られてデイラーを後にしました。

車検は来年8月なのでまだ1年以上あるし、車検を受けるかどうかも決めていないけど、結構トクしたいい気分でした(笑)。

グミの実

Rさくらんぼ (2)

近所の畑にある大きなグミの木に今年もイッパイの赤い実を付けました。

私の小さい頃は、今のような美味しいお菓子などなかった時代で、お腹が空くと近くの林の中にあったグミの実を友達とよく採りに行き食べたものです。グミに限らず、アケビ、ざくろ、イチジク、クリ、カキなど、野山に成っているものは何でも採って食べた時代でした。それが自然のなかでの楽しい遊びだったのですが・・。

グミの実は、赤くなったものは甘酸っぱい味ですが、中には渋い味のものもあります。
赤くなった実を採って1~2日置いておくとさらに熟して美味しくなりますが、美味しくならない木もあるようなので、グミというと渋い味のイメージが強いですね。




【びわこ観光特派員ブログ(42)】自然エネルギー・大戸川発電所

Rアマリリス (38)

大津市・上田上地区の大戸川沿いにある、関西電力・大戸川発電所です。
東日本大震災の原子力発電所の事故以来、原発利用について大きな問題となっていますが、ここ大戸川発電所は水力発電所で、まさに自然にやさしいクリーンエネルギーです。

完成は明治44年(1911年)、出力は1600Kw。
フランス製の水車2基と発電機を備え付ける工事は、地元の人たちの協力も得ながら、道なき道を運ばなければならない難工事だったようです。この発電所完成のおかげで大津市のほとんどの家庭に電気が灯ったといわれています。

発電所本館は、わずかの補修を行った以外は当時のままのレンガ作りの美しい建物で、土木学会でAランク建造物に選定され、春はさくら、夏は新緑、秋はもみじ、冬は雪と、四季に応じてよく映えます。

近隣にもいくつかの発電所やダムがありますが、私はここの発電所がイチバンきれいだと思っています。

◎びわこ観光ブログ集・BVB特派員報告はこちらです。


続きを読む

アマリリス

今年もアマリリスの花が咲きました。
春に2鉢を5鉢に株分けし、3鉢に例年どおりの真っ赤で大きな花を付け、そのうちの1鉢はこれを見た近所の園芸好きのおばさんちに結納金なしでお嫁に行きました(笑)。
ホームセンターで1つの球根を買って育て初めてからもう10年近くなり、毎年咲く辛抱強い花です。花の種類はいろいろあるようで、ヒガンバナ科の花と言うだけあって,すっと伸びた花茎に大きな美しい花を付けます。
Rアマリリス (41)

花言葉は、誇り・内気・おしゃべり・強い虚栄心など、いろいろあるようです。
私は自己主張が強い訳でもおしゃべりでもなく、いたって気の弱い男なので“内気”としておきます(笑)。
Rアマリリス (42)

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。