スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の水の森

午後から時間が出来たので、草津市水生植物公園水の森へ出かけました。
滞在時間は約40分ほど。フリーパスを持っていますので入場料は要りません^^。
この日はスイレンは撮らず、野外の花たちを撮りました。

入園が午後2時を回っていたので、西日が当たる花たちはすこしお疲れのご様子ですが・・。
resize17707.jpg

西日がきつい日でした。
resize17660.jpg

白のチューリップ。心なしか喉が乾いているような^^。
resize17657.jpg

これだけの世話は大変だなぁ~~。
resize17711.jpg

ケヤキの新芽も出揃いました。
resize17689.jpg

木々のみどりも日増しに濃くなっていきます。
resize17686.jpg


竹の子も顔を出しました^^。
resize17713.jpg
スポンサーサイト

ツツジ満開・花巡礼石山寺

石山寺は千二百余年の昔、聖武天皇の勅願により、良弁僧正によって開基されました。
三万六千坪におよぶ広大な境内には、日本唯一の巨大な天然記念物、世界的にも珍しい硅灰石がそびえています。
本尊は縁結・安産・福徳の霊験あらたかな秘仏 如意輪観音菩薩です・・・石山寺HPより。
4月のある一日、西国13番札所である石山寺の観音巡礼と満開のつつじなどをスケッチしました。

重要文化財の山門をくぐると、そこは神聖な巡礼地です。
resize17578.jpg

終わりかけの椿と、咲き始めたツツジ。
resize17616.jpg

弘法大師堂では、巡礼者のお参りが続きます。
resize17552.jpg

やまぶきも満開を迎えています。
resize17612.jpg

もちの木の花。
resize17587.jpg

三十三体石仏を巡る遊歩道も、ツツジが満開です。
resize17569.jpg

モミジの若葉も清清しい一日でした。
resize17555.jpg

門前のお土産屋さんも、お参り帰りの参拝者たちを待ちます。
resize17550.jpg

なぎさ公園・しば桜

びわ湖・なぎさ公園のしば桜が満開になりました。
ぽかぽかのよい天気に恵まれて、気持ちの良い一日でした。

早朝ジョギングもさわやかな空気の中で、気持ちよさそうです。
resize17468.jpg

バス狙いでしょうか、釣り人も増えてきました。
resize17516.jpg

観光船・ミシガンが、プリンスホテル専用の波止場に到着しました。
resize17527.jpg

プリンスホテルも、春の妖気に誘われて嬉しそうです++。
resize17487.jpg

散歩の子ども達も気持ちよさそうです^^。
resize17512.jpg

なごり桜

華やかな桜の季節は、よく続いても1週間程度。散りゆく桜を撮りました。

池には沢山の花びらが・・。
resize17396.jpg

遅咲き枝垂れ八重桜の下では、桜を名残惜しむように宴が開かれていました。
resize17397.jpg

はないかだ。鯉も花見が出来て、うれしい・・のか、どうか・・。
resize17452.jpg

しだれ桜の淡いピンクも今宵限りか。。。
resize17402.jpg

これからは早足で新緑の季節に移り変わるのですね。
resize17407.jpg

以上は,Adobe RGBⅡモードで撮りました。

さくら愛でコース。三井寺から毘沙門堂。【銀塩編】

今回は、NikomatEL50mmf1.4で撮った、サクラ愛でコースです。
前回の【デジタル編】に使ったニコンD80と2台体制で撮ったので同じような画像ですが、フイルムにはやはりデジタルとは違う、独特の雰囲気があります。

三井寺山門です。
resize17346.jpg

びわ湖第一疎水。
resize17354.jpg

大津側疎水トンネル。
resize17339.jpg

山科疎水。
resize17326.jpg

毘沙門堂。
resize17327.jpg

毘沙門堂のしだれ。
resize17361.jpg

さくら愛でコース。三井寺から毘沙門堂。【デジタル編】

さくら愛でコース。今年は、三井寺~びわ湖疎水~山科疎水~毘沙門堂です。

三井寺観音堂。
この長等山(ナガラヤマ)は天平の昔から神聖な山として信仰を集めました。さくらはまだ木によっては5分程度か。
resize8118.jpg

三井寺(園城寺)山門。四季を通じて撮っている門ですが、いつ来てもその荘厳さに圧倒されます。
resize8084.jpg

びわ湖疎水のびわ湖側トンネル。交通機関がまだ発達していなかった明治中ごろまでは、この疎水に船を浮かべ荷物を積んで、京都・大津間を人力で運びました。
resize8059.jpg

山科疎水。びわ湖から引かれた疎水は、山科の山すそを縫うようにして通り、いまも京都へ水を送り続けています。
菜の花とサクラと疎水が、ベストマッチです。
resize8291.jpg

近くの園児たちも散歩にきて、記念撮影でした^^。
resize8234.jpg

平安の昔から脈々と続く伝統仏教。毘沙門堂門跡はこの日、満開のしだれざくらとともに、華やいだ雰囲気でした。
resize8187.jpg

境内のしだれ。まさに満開でした!。
resize8184.jpg


町内散歩で出会った早春の花

前回は、「石山寺で出会った早春の花」でしたが、今回は町内散歩で出会った花です。

じんちょうげ。さわやかないい香りが、あたりを包みます。ピンクはよく見ますが、白は珍しい。。
resize17238.jpg

ゆきやなぎ。梅畑に毎年大株立ちで咲きます。
resize17290.jpg


サンシュユ。昔から冷え性などの薬草として、この木の実をすりつぶして飲むとよく効く・・と、言われていますが。
resize17250.jpg

ボケの花。名前の由来は定かではありませんが、比較的簡単に繁殖させて花を咲かせることが出来る花木です。
早春の代表各です。
resize17249.jpg

はなもも。町内の滋賀大学構内に咲く一本の巨木です。ミツバチも蜜取りに一生懸命です。
resize17277.jpg

菜の花。昨年秋の野菜が春の暖かさでトウが立ち、花を付けます。アブラナ科の植物は、みな同じような花ですね。
resize17297.jpg

「おまけ」根性だいこん。
今頃は「ス」が入っていて、とても食用にはなりませんが、抜かれるまでは“ガンバルぞ!”とでも、いいたげな表情です(笑)。
resize17298.jpg

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。