大寒のびわ湖は暖かかった!

1月20日ごろを24節季では「大寒」と呼ぶようですが、暖冬の影響か暖かい日が続きます。
大寒で寒いはずのびわ湖の風景を、スケッチしました。

びわ湖大橋のたもと。今年も地元農家の方たちが栽培した菜の花が、満開になりました。
resize7125.jpg

草津川河口では、コハクチョウが飛来。今年は4羽と、少ないようです。
resize7033.jpg

カモ君たちは、集団でひなたぼっこ!。
resize6919.jpg

烏丸半島では羽を休めるカモ郡が、何に驚いたのか一斉に飛び立ちました。
resize7164.jpg

シラサギは優雅に飛び回ります。
resize7202.jpg

モズ君も、小枝でいっぷく!。
resize7166.jpg

つぐみクンは警戒もせず、目の前をチョコチョコとさんぽしていました。
resize7170.jpg

カップルも、いっぷく。ここは近づくのはヤボかも。。(笑)。
resize7203.jpg


スポンサーサイト

城崎温泉・その2

城崎温泉・山陰地方独特の“方言”で、迎えてくれます。
resize16967.jpg

午後からは雨も小降りになり、ゆかたに丹前を羽織った若い女性たちも(そとまた!)で、外湯めぐりを始めました(笑)。
resize16990.jpg

野口雨情作詞の「城崎温泉節」って、あるんですね。知りませんでした。
resize16959.jpg

文豪・志賀直哉も、ここを舞台にした有名な小説を書いています。「城崎にて」。
resize16927.jpg

道端にはかわいいお地蔵さんが。。
resize16972.jpg

地元PRを兼ねた乗り合いバスが、満員のお客さんを乗せて温泉街を行きかいます。
resize16942.jpg

私たちのそぞろ歩きもこの辺にして、一路温泉へ(一の湯)。
resize16981.jpg

一の湯の中。「これ以上は撮らないで下さいね」との係りの方の声が、背中から・・(笑)。
resize16950.jpg

温泉で温まっている間に外はすっかり雨は上がり、そぞろ歩きの観光客で街は賑わっていました。温泉寺のあるロープウエイは、雪のようです。
resize16975.jpg

おみやげはやっぱ、これだね!(高くつきました^^)。
resize16921.jpg

帰りは、特急電車を使わずにのんびりと帰りました。
resize16998.jpg

城崎温泉シリーズ・おわり。リラックスできたような、疲れたような・・・(笑)。

城崎温泉・その1

本年第一弾の温泉めぐりは、兵庫県の日本海側にある城崎温泉です。(第二弾があるかどうかは、分かりませんが・・)
城崎は、低気圧と寒波の影響で、冷たい雨・みぞれに大当たりでしたが、熱めの温泉にたっぷりと浸かって、ひと時のリラックスを楽しみました。

駅を降りると冷たい雨が激しく・・・。(さぶ!)
resize16882.jpg

まず、迎えてくれるのが各旅館の奉納げた!。
resize16885.jpg

駅の横には“足湯”がありました。
resize16886.jpg

足は温かいですが、体が寒いィ~~、手もちめてェ~~。
resize16888.jpg

それでも結構の観光客で賑わっています。
resize16902.jpg

沢山の海産物のなかでも、お目当てはやっぱり“カニ”。値ダンが高めですが、飛ぶように売れていきます!。
resize16900.jpg

サカナ屋さんを冷やかしながら、冷えた体を暖めに温泉めぐりへ・・。
駅から一番近い“地蔵湯”へ。
resize16933.jpg

この続きは、後日に。。。


南今庄

正月最後のお休みだった1月4日。北陸線・南今庄駅まで、雪景色の列車撮影に出かけました。
ここは鉄道雑誌にもたびたび出てくる絶好の撮影ポイントで、デッドセクションを通り越して、交流区間に入ったところ。
午前10時過ぎに到着した時にはすでに、2~30人のカメラが、幅わずか2m程度の狭いホームや上下線の線路脇に分散して陣取っていました。
そのほかにも、北陸トンネルの出口付近や、上り方向のカーブ付近にも、数人ずつが・・。
この日はお正月ダイヤで臨時増発も多く、10~15分間隔で上下線に列車が現れました^^。

下り485系「雷鳥」A6編成が来ました。
resize6805.jpg

続いて、上り「トワイライトエクスプレス」。ホーム端まで移動できず、ホーム途中からの撮影となってしまいました。
resize6786.jpg

上り681系「サンダーバード」。
resize6776.jpg

雪煙をあげて高速で北陸トンネルに入る687系「サンダーバード」。
resize6780.jpg

カメラマンたちへの注意カンバンが出ています。ここは線路の安全フェンスが全くなく、線路の侵入が自由なんです。
resize6801.jpg

今度は、上り「しらさぎ」が来ました。
resize6836.jpg

撮影用のスペースがちゃんとJR側で設置されております。ここからは上り列車がちょうどよい具合に撮れます。
resize6816.jpg

さすが雪国。積雪標識も・・。
resize6817.jpg

A10編成の「雷鳥」。カメラの多くは、この「雷鳥」の最後の雄姿を撮るのが目的のようでした。
resize6852.jpg

この後、ほとんどのカメラは帰路に・・。
resize6811.jpg

4両停車用の短いホームを行ったりきたりの忙しい鉄でした。疲れました^^。またこようっと!。

※案内
 JR利用の場合は、敦賀駅から南今庄駅まで北陸トンネルをくぐって12分。1時間に1本なので、時刻の確認が必要です。
 クルマの場合は、北陸高速今庄インターから国道365号を南下、県道杉津線207号を右折して10分。
 駅のそばにクルマ10台程度が駐車できる町民無料休憩所(バス亭)があります。トイレはありますが自販機などはありませんので、お茶・弁当などは持参です。駅は無人なので、出入りは自由です。

※撮影は迫り来る列車に細心の注意が必要です。列車妨害にならないようにマナーを守って撮影しましょう。naka

初詣

2010年が始まりました。
nakataka家恒例の、初詣の風景です。
行き先は毎年決まって、近所の建部大社。
日本武尊をご神体とし、その昔、源頼朝も必勝祈願に立ち寄った・・との言い伝えが残る、歴史ある神社。

まず、本殿前でお祈りを・・
resize6740.jpg

つぎは本殿の裏へ回って、奥ノ院へ
resize6742.jpg

礼拝が終わったら、お神酒コーナーへいそいそと・・・(笑)
resize6746.jpg

お賽銭を上げて、一杯・・。これがまた、清酒の味にヒノキの香りが混ざって、めっちゃおいしんだわ(うれし!)
resize6750.jpg

お札などを買いに
resize6754.jpg

この後、今年は特別に20年ぶりに奥宮さんへ
ここはウチの裏にそびえる、岩間山の標高約500m山頂にある、隠れた由緒ある古神社
resize6755.jpg

あまざけがふるまわれます
resize6758.jpg

狛犬さんも、久しぶりの訪問に、“あらァ~、長いこと姿を見せずに、なにしとった!”
resize6759.jpg

奥宮神社から見下ろす、我が家地区
resize6763.jpg

今年も家族ともども無病息災でありますように。。


プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ