スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜航空祭(2009)

前回に引き続き、岐阜航空祭です。今回は基地内に展示された機材や、雰囲気などをスケッチしました。

【F-4EJファントム】
戦後復興のF-86、冷戦時代のF-104、高度経済成長期のF-4だが、F-15,F-16に主役の座を譲る時期が来ているが。。
近くで見るとさすがにデカイ!。エンジンに操縦席が付いているといった感じ。
resize4670.jpg

【T-2CCV】
ブルーインパレスでも使用された三菱T-2の改良実験機。機体の設計・製造では、日本メーカーは世界のトップクラスだが、エンジン製造では、世界特許の多数を占める米国企業に譲る。
resize4675.jpg

【C-130H】
戦術大型輸送機で、世界で50か国以上、2000機が飛んでいるそうな。別名 「ハーキュリーズ」。
resize4722.jpg

岐阜基地に新たに配備されたペトリオットミサイル。
resize4696.jpg

【E-2 ホークアイ】
翼を折りたたんで、航空母艦に積載できる。飛行中に背中の大きなレーダーを使って探査する、早期警戒専用機。
resize4928.jpg

【F-15イーグル】
操縦席体験搭乗は長だの列でしたが・・。
resize4968.jpg

異種編隊飛行を終えて、目の前のエプロンに帰ってきた、F-4EJ。
resize4662.jpg

うーぴー隊も、観客サービス。
resize4693.jpg

本日の人手、11万人あまりでしたそうな・・。格納庫まで、人ヒト々・・。
resize4729.jpg

【EC-1】
C-1輸送機を電子戦訓練機に改造した機種で、航空自衛隊に1機しか存在していない珍機。
resize4704.jpg

【T-4】
ジェット高等練習機。今日の花形、ブルーインパレス使用機で、フライトの出番を待ちます。
resize4583.jpg

警戒任務中の女性自衛官。
resize4942.jpg

【UH-60H】
ターボエンジン2基を搭載する、大型攻撃ヘリ。救難にも使われ、タテ・ヨコ・ナナメ自由自在の飛行が出来ます。
resize4939.jpg

UH-60Hのバイバイ離陸は、カンゲキでした。(ヘリのバイバイ飛行は、初めて見ました!)
resize4950.jpg

まだまだ沢山の展示機がありましたが、すべて撮りきれず、ご紹介できたのはごく一部でした。







スポンサーサイト

ブルーインパレス2009 in岐阜

岐阜航空祭へ行ってきました。ブルーインパレスを見るのは、小松基地の航空祭で披露されたF86以降なんと40年ぶりです!。
6機のT-4ジェット機が一糸乱れぬ編隊とチームワークで、秋の快晴の大空に舞う30分のアクロバット飛行は、まさに華麗で圧巻でした。
沢山の演目の中のいくつかをご紹介します。

【チェンジオーバーターン】
5機で縦列編隊を組みながら進入し、一気に開きます。この時は会場アナウンスの“レディ・ゴゥ!”で、一斉に開きました。
resize15530.jpg

【ワイドトゥ・デルタ・ループ】
5機がループを描きながら広めの隊形から密集隊形へと徐々に変化させていきます。上昇中は、G4です。
resize15532.jpg

【ダイヤモンド・テイクオフ】
4機でダイヤモンドの形のまま離陸します。この隊形はその他のさまざまなパターンがあるようです。
resize15529.jpg

【デルタ・ロール】
6機揃って、きれいな円を描きます。機体を90度傾けたまま一周するのは、かなりの体力がいるとか。。
resize15533.jpg

【レインフォール】
垂直に降下し、5機がそれぞれの方向に開花していきます。スモークが5方向に広がり、美しいアクロバットです。
resize15531.jpg

【スタークロス】
5機が5方向に広がり、「星」を描きます。演目の中でも最も人気の高いアクロバット飛行です。
(魚眼レンズをつける間がなく、全体を撮れませんでした。。)
resize15534.jpg

【ローリングコンバット・ビーチ】
4機でそれぞれタイミングをずらしながら弧を描き、最後は縦列隊形に戻ります。
resize15536.jpg

【パーティカルキューピット】
5番機と6番機が垂直上昇をして、ハートのくぼみからスモークを出します。その後左右に分かれて円を描いたあと、4番機がタイミングを合わせて左下から、ハートマークの中央を抜けてスモークの矢を描きます。
(感動して見とれていたために、矢が突き抜けるのを撮れませんでした。)
resize4836.jpg

【フォーシップ・インバード】
4機が180度のロールを行いながら飛行します。背面飛行は操縦かん操作が逆になるなど、最も難易度が高い種目だそうです。
resize15538.jpg

また、見に行きたくなってきました。次はカメラを2台持っていかねば・・・。




2年半ぶりの銀塩

デジカメの便利さに甘えて、ここ最近はケースに入ったまま日の目を見なかった銀塩カメラ。
3か月に一度くらいは、電池を入れて空シャターを切るなどして一応メンテナスはしてきたが、フイルムを入れて外出したのは、2年半ぶり。
先日のメンテ時、ファインダースクリーンの取り外し時にキズを付けてしまいましたが、代替品をさがさねば・・。
今日は、近所ウオッチを兼ねて、愛機としばし遊びました。

1996年、F4の弟機として発売されたのを待ちきれずに、ボデーを13万5千円も出して買った、F90x。
当時F4はボデー単体で25万円。この後2か月後に出たF4とF90の中間機F100が、19万円でした。
resize3899.jpg

秋晴れの快晴のなか、快調にシャッターが切れます。
resize3931.jpg

広角レンズの相性もいいが、ズームの相性もなかなかいいようだ。
resize4011.jpg

なんと言ってもフルサイズ。ファインダーの大きさと明るさは、APS-Cとは比べ物にならない。
シャッター音と同時にフイルムの巻上げ音が出るが、これがまた心地よく耳に響き、たまらない。
resize3941.jpg

出来上がりの写真をデジタル変換すると、約300万画素程度になってしまうのは、しかたがないことか。
resize3998.jpg

手入れ次第でまだまだ使える「ザ・カメラ」。大事にしまっておこ!。
resize3928.jpg

西国霊場めぐり・第31番札所「長命寺」

毎年1~2ヶ所の観音霊場めぐりを始めて、もう6~7年が経つ。最初は観光旅行をかねて、まず1番札所の、那智山・華厳寺から始まり、距離の遠い方から順に巡ってきたが、残りが滋賀・京都となってから、なかなか進まなくなってきた。
久しぶりの霊場めぐりの長命寺だ。

808段の階段は、運動不足の体にびんびんとこたえる・・。
resize15494.jpg

やっと境内に到着。少し高い鐘楼からの眺めは、バツグン。桧皮葺の屋根の曲線がなんとも言えず、美しい。
写真奥から、三重塔、本堂、三仏堂、護法権現社拝殿。三重塔と本堂は、国重要文化財指定の建物である。
resize15487.jpg

本堂で観音さま「千手十一面聖観世音菩薩三尊」(国重要文化財)に手を合わせ、記帳してもらう。
resize15489.jpg

どなたかわかりませんが、相当古いようだ。
resize15491.jpg

シャチ瓦
resize15492.jpg

鐘楼。これも国重要文化財に指定されている。
resize15493.jpg

赤とんぼも、お参りごくろうさん^^。
resize3776.jpg


これで残すは京都市内に存在する5札所となった。しかしいつになったら33か所が終わるのか・・。

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。