スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芽吹き

3月も終わり、山々の木々も厳しかった冬からようやく目覚めてきました。
昔の人は、さくらの開花が苗代作りの合図でした。
近所の公園などを散歩中に見つけた、芽吹きの数々です。

しだれさくら
resize3400.jpg

やなぎ
resize3397.jpg

ゆきやなぎ
resize3333.jpg

ねこやなぎ
resize3329.jpg

もくれん
resize3309.jpg
スポンサーサイト

雪割草

近くの植物園で、地元の愛好家たちが丹精こめて育てている、“雪割草展”が開催されていたので、見に行きました。
ウチにも鉢植えがありますが、なかなか思うように咲いてくれません。
どうしたらこんなにうまく咲かすことが出来るのかを聞いてみましたが、「そやああ、愛情一本でっせ」の答えでした(@@)
60枚ほど撮ったうちの一部分をUPしました。
残りは、掲示板等でUPします。

resize3246.jpg


resize3238.jpg


resize3220.jpg


resize3234.jpg


resize3226.jpg

消え行く雄姿・500系

東京・博多間に、航空機と対抗するために開発された500系新幹線。
最高スピードは320Kmと、いまだに世界最速の座を譲っていないが、東海道はカーブが多く270Km以上で走ることが出来る区間がなく、最速走行が出来なかった。
今となっては、昨年に導入されたN700系にその座を奪われ、500系は16両編成から8両編成と編成がえになり、直線区間が多く300Km走行ができる山陽道を主に走る予定となっている。
京都駅周辺で、その最後の雄姿をスナップしてみた。

京都駅を出発して5分程度。乗客は、車内でくつろぎ始めたところか・・。
瀬田川鉄橋を渡り、緩やかな左カーブを加速する、上り東京行き500系。ここから、米原までが東海道最長の直線区間で、唯一マックススピードで走行できる区間である。
resize3120.jpg


夜の京都駅12番ホーム。出発合図を確認し、東京へ出発する上り500系
resize3102.jpg


スピードを出すために開発された弾丸のような先頭車両。運転台から先頭まで16mもあるため、先頭(最後尾)車両には、お客の乗降口はない。
広角レンズで撮ると、列車というより、怪獣のような・・^^。
resize3100.jpg


京都駅の上り方面ホームの端では、上り列車と下り列車がすれ違う姿を一瞬のタイミングで見ることが出来たが、これも見られなくなるのか。
DSC_0046.jpg

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。