ヒガンザクラ・石山寺

自宅から石山寺まで徒歩で片道約20分。往復で6500歩ほどで、ウオーキングにはちょうどよい距離。
門前のヒガンザクラがほぼ満開。
R石山寺3 (2)

アセビの花も満開でした。
R石山寺3 (12)




スポンサーサイト

キリシマツツジ・石山寺

古刹・石山寺では参道両脇に咲くキリシマツツジが満開を迎えています。
Rキリシマツツジ石山寺・5.2 (21)

これだけ咲き誇ると、圧巻ですね。



続きを読む

早春の石山寺

梅の便りも聞かれるようになったので、石山寺へ散歩に出かけました。
石山寺へは、家から徒歩でユックリと歩いて15~20分。今日は月1回の大津市民は拝観料が無料の日です。
午前9時過ぎに家を出て、通りの風景を見ながらユックリと歩いて、石山寺に着いたのは9時半ごろでした。

いつも前を通っていますが、何時見ても立派な門ですね。
R早春の石山寺 (89)

振り向くと、団体の33か所めぐりの方々が。。。
このあと、つぎから次ぎへと参拝客やカメラを持った観光客が入山してきました。
R早春の石山寺 (84)

さくらのつぼみは、まだまだ固そうです。
R早春の石山寺 (13)

梅園は3分咲き程度でしょうか。
R早春の石山寺 (42)

寒つばきは見ごろでした。
R早春の石山寺 (56)

ぼたんはようやく新芽が出てきました。
R早春の石山寺 (62)

おおつ光くん^^。
R早春の石山寺 (87)

残暑・石山寺、ようやく萩が・・。

今年は記録的な猛暑がとりわけ厳しかった夏だったせいか、9月に入ってお彼岸の入りだというのにいまだ残暑は厳しく、日中は30℃を超える暑さ。
残暑厳しい石山寺を汗だくでスケッチしました。

門の横に設置された、源氏物語絵巻のモチーフ。今年から設置され、歴史好きの観光客に喜ばれているそうです。
resize19202.jpg

境内では絵画趣味の方たちが、思い思いのアングルでスケッチされていました。
resize19178.jpg

9月半ばというのに日差しはきつく、初秋を感じるような木々の葉は見つかりませんでした。
resize19183.jpg

巨岩の上の巨木の根っこに生えるシダコケ類も、心なしか涼しくなてほしい~と、言っているような・・。
resize19198.jpg

ハギはようやく、3分咲き程度でした。
resize19191.jpg

ハギは花が小さい割りに枝が長いので、撮るのが難しい花です。
resize19195.jpg

紅葉まであと2ヶ月はかかるでしょうが、季節の移ろいは確実ですね。
resize19188.jpg

石山寺・あじさい園

菖蒲園の撮影を終えて、アジサイ園に移動しました。
ここは観光用遊歩道からすこし離れて山の斜面に位置するので、菖蒲園よりは人は少ないです。

どう撮ってもアジサイです。
resize9003.jpg

地元某カメラクラブの○○子さん。上手です。
resize8986.jpg

かたつむりは、久しぶりに拝見いたしました。
resize9002.jpg

どう撮ってもやっぱりアジサイでした(笑)。
resize9004.jpg

アジサイは、撮るにはやさしいようで難しい花ですね。来年にはもう少し勉強してうまく撮れるようにしたいです::。
resize8996.jpg

石山寺・菖蒲園

今にも降り出しそうな空の中、午前8時ごろの開門を待って、石山寺・菖蒲園に行きました。
咲き具合は5分咲きというところでしょうか。ほぼ毎年のように此処へは訪れていますが、庭園の手入れの差なのかどうか、毎年少しづつ違うようです。

こんな場所はやっぱり和服が似合うようです。
resize9013.jpg

最近はかわいい子どもカメラマンも多くなりましたね。
resize9011.jpg

鮮やかな紺です。
resize8969.jpg

錦鯉もさりげなく・・・。
resize8976.jpg

雨あがりの花びらは、清楚です。
resize8945.jpg

花の色は、どこで決まるのでしょうね。
resize9010.jpg


撮影を始めて1時間ほど経つ頃、気が付くと観光客でいっぱいになりましたので、移動しました^^。

ツツジ満開・花巡礼石山寺

石山寺は千二百余年の昔、聖武天皇の勅願により、良弁僧正によって開基されました。
三万六千坪におよぶ広大な境内には、日本唯一の巨大な天然記念物、世界的にも珍しい硅灰石がそびえています。
本尊は縁結・安産・福徳の霊験あらたかな秘仏 如意輪観音菩薩です・・・石山寺HPより。
4月のある一日、西国13番札所である石山寺の観音巡礼と満開のつつじなどをスケッチしました。

重要文化財の山門をくぐると、そこは神聖な巡礼地です。
resize17578.jpg

終わりかけの椿と、咲き始めたツツジ。
resize17616.jpg

弘法大師堂では、巡礼者のお参りが続きます。
resize17552.jpg

やまぶきも満開を迎えています。
resize17612.jpg

もちの木の花。
resize17587.jpg

三十三体石仏を巡る遊歩道も、ツツジが満開です。
resize17569.jpg

モミジの若葉も清清しい一日でした。
resize17555.jpg

門前のお土産屋さんも、お参り帰りの参拝者たちを待ちます。
resize17550.jpg

早春の石山寺で出会った花たち

お彼岸の21日、近所の石山寺へ早春の花詣でにでかけました。
今年の春は冷える日があるかと思えば4月の陽気を思わす暖かい日があったりと、なかなか定まらないが、これも文字通り三寒四温でしょうか。

つつじの花は、今かいまかと春を待ちわびているようでした。
resize17169.jpg

ヤブツバキは見ごろでした。
resize17195.jpg

スイセンも満開。
resize17191.jpg

トサミズキも満開。甘い香りが一面に漂っています。
resize17183.jpg

ハヤザキヒガン。国宝「多宝塔」に花を添えます。
resize17223.jpg

メジロ君も満開になったヒガンザクラの甘い香りに誘われて心なしか、うれしそうです。。。
resize17207.jpg

ユキヤナギは、まだ3分程度でした。
resize17173.jpg

キレイな花に囲まれて、紫式部さんの筆も進むようです^^。
resize17185.jpg

石山寺のヒガンザクラ

3月15日(日)、春の日差しが暖かくなったこの日、月に一度地域の人だけに門を開放する日を利用して、花を愛でに参詣した。おりしも、南面に植えられたヒガンザクラは満開。
このヒガンザクラは、85年に起こった日航ジャンボ機墜落事故で妹さんを亡くされた石山寺副座主が、お母さまから届けられた犠牲者と同じ数、520本の苗木を3年がかりで植えられたものです。

resize0292.jpg

めじろもやってきました。
resize0283.jpg

石山寺ゆかりの、紫式部像。
resize0248.jpg

resize0303.jpg

resize0301.jpg



ライトアップ・石山寺、幽玄の世界

昼間の紅葉もいいが、ライトアップされた紅葉はもっと美しい。
こうこうとライトに照らされた紅葉は、光が届いていない場所や、前景のシュルエットとあいまって、幻想的な光景です。
さあ、幽玄の世界へどうぞ!

石山寺三門(重要文化財)
resize10345.jpg

仁王像・あ形
resize10341.jpg

参道(源氏物語1000年記イベントの装飾が華やかだ。
resize10276.jpg

resize10280.jpg

国宝・金堂欄干から、下を見る。
resize10304.jpg

あまりの美しさに、座り込んでしまった観光客。
resize10313.jpg

国宝・多宝塔。源頼朝の寄進で建てられた塔で、内部には快慶作の「大日如来像」が1000年の時をえて、奉られています。
resize10321.jpg

resize10330.jpg



紅葉めぐり(石山寺・日吉大社・醍醐寺・勸修寺)

今年は大きな台風の来襲や冷たい長雨も無かったせいか、ひときわ紅葉がキレイです。
近くの石山寺を中心に、紅葉の名所をめぐり、紅葉狩りをしました。

石山寺。
今年は、源氏物語1000年紀イベント開催のため、1年を通じて賑わっています。
resize10058.jpg

resize10136.jpg

国宝・多宝塔。
resize10148.jpg

resize10150.jpg

国宝・本堂。ここに、源氏物語の構想を練ったとされる紫式部の間、があります。
resize10088.jpg

resize10066.jpg

日吉大社。
日本の日吉神社の総本宮。比叡山延暦寺の守り神として、古来から信仰は厚く、比叡山の山すそに広がる広大な境内には、たくさんの重要文化財や国宝の神殿などがあります。
resize9925.jpg

resize9913.jpg

日吉三橋(国重要文化財)。
この神社を参詣するために、太閤秀吉は石造りの橋を三箇所に作りました。この橋を渡らないと、日吉大社には、入れません。この日はあいにくの雨模様でしたが、早朝からもみじ見物の観光客で賑わっていました。
resize9862.jpg

resize9891.jpg

醍醐寺。
太閤秀吉が晩年、大掛かりなお花見をしたことで有名な巨大寺院。参道、国宝・金堂や五重塔の回りには、さくらの木が植えられており、春にはすごい参詣客で賑わいます。
resize9699.jpg

金堂
resize9680.jpg

勸修寺・観音堂。
国指定・名勝に指定され、四季を通じて訪れる人の心を癒してくれます。
フユザクラが紅葉に混じって咲いていました。
resize9742.jpg








石山寺千日会・花火大会

石山寺千日会に合わせて、前を流れる瀬田川で花火大会がありました。
花火を撮るのは、フイルムカメラから30年以上ぶりです(;;)。
フイルムカメラの時は、露出計の精度は今ほど高くなかったので、三脚にカメラを取り付けて、f8、30秒(ウデ時計で)・・の固定で撮っていました。
いまは、デジカメはそのつど画像を確認できるし、枚数も気にすることがないので、どんどん撮れますね。便利な世の中になったもんだ(笑)

午前11時ごろから、台船に発射台を取り付ける作業が開始されました。
resize6380.jpg

夕闇が近づいて、見物の人たちも大勢になってきました。
カメラは、D80に最初は魚眼レンズ(トキナー ATX107)、ニコンAF-s28-135です。
resize6403.jpg

いよいよ始まりました。フォーカスは手動、絞り8~16、SS4秒から16秒でいろいろ試してみました。
resize6406.jpg

これからは、花火の写真が続きます・・・。飽きずに見てください^^。
resize6413.jpg

resize6422.jpg

resize6430.jpg

resize6432.jpg

resize6434.jpg

resize6436.jpg

広角で、シャッター間にズームを回しました。
resize6446.jpg

広角から少し望遠側に多重露出です。
resize6465.jpg

少し望遠側にして、シャッター間にズームを回しました。
resize6468.jpg

フイナーレの連発打ち上げです。これが一番ムツカシイでした^^。
resize6479.jpg











石山寺のはぎ

9月半ばになると、遊歩道に植えられたはぎが淡いピンクの花を付け満開を迎える。

P1010206.jpg


P1010208.jpg

プロフィール

nakataka421

Author:nakataka421
ようこそいらっしゃいました。
記述内容に誤りがある場合もありますので、真剣に読まないで下さいね(笑)。足跡を残して戴ければ、嬉しいです。<店主>

月別アーカイブ